マレーシアでのインターネット接続の申し込み

マレーシア国旗

 海外に住むときに、なくてはならないものがインターネット。これなしには、もう何もできないと言っても良いくらいでしょう。大都市であれば、日本の方が経営している会社に手伝ってもらうこともできます。何かトラブルがあった場合は、そのサービスも日本並み、言葉の不自由もありませんし、安心してお任せできることがたくさんあります。もちろん、費用はその分かかります。

 しかし、田舎に住む場合、日系の会社もなく、自分で手続きをしなければならないことがたくさんあります。そんなときは、電話の申し込みのときに、一緒にインターネットの申し込みをすれば、意外と簡単に済んでしまいます。

まず、パスポートや住所確認ができるもの(部屋の契約書や光熱費の請求書など)を持ってTMへ行きます。そこでstreamyx(インターネット)の申込書も記入します。プランはいくつもありますが、ADSL繋ぎっぱなしで月いくら、というプランが一番簡単です。速さは普通に使うなら1M、インターネット経由で日本のテレビをと考えるならそれ以上あれば大丈夫でしょう。モデム付き、なしどちらかを選びます。PC系に詳しければなしを、よくわからないならモデム付きを選ぶと良いかもしれません。

 申し込みのあとは、数日後にTMの技術者がやってきます。窓口の方ができる人なら、英語を話す技術者を派遣してくれたりもします。そんな人にあたった場合は、しっかり名刺をもらっておきましょう。後日、何か困ったこと(スピードが遅い、モデムが壊れたなど)が起こったらすぐに連絡がとれて、対処もその分早くなることもあります。
 パソコンにインストールもし、無事に使えるようになるまで、約1週間ほどですが、配線の関係などから若干それ以上かかることもあるようです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。