マレーシアの市場へ行こう

マレーシアには、そこが大都市であろうと、田舎であろうと、必ず市場があります。日本ではあまりなじみのない市場、せっかくですから、どんどん買物しちゃいましょう!
 市場で買物をするなら、やはり野菜、果物、魚や肉です。スーパーで売られているものよりも、新鮮で安いことが多いです。また、市場は量り売りなので、好きな分だけ買うことができるので、無駄にすることが少なくなります。その他に、香辛料や調味料、更においしい朝ごはんまで売っています。便利でいいですよ。

市場での値段は、1kgでいくら、という値段です。けれども、買う単位はもちろん好きな分だけですから、安心してください。この値段は、その日その日で変わります。昨日がキロ2リンギットでも、今日は2.5リンギットという感じですね。また、値段はお店によっても違います。どこのお店が新鮮で、安いのか、いくつか回って確認してみるのもいいでしょう。ただし、買わずに値段ばかり聞きすぎるとお店の人に悪いですから、ほどほどに。常連になると、少しだけまけてくれることもありますよ。

市場の醍醐味は、やはりなんといっても、その雰囲気でしょう。活気のある市場に行くと、こちらまで元気が出てきそうです。特に、海に近い市場では、魚コーナーが一番の見所です。昔の日本の魚屋さんのように「えーらっしゃい、えらっしゃい!」的な声が飛び交っています。ただし、床は水たまりもできていますから、いい靴は履いていかない方がいいですね。また、市場では季節を感じることもできます。マレーシアは常夏、といってもやはり季節はあります。季節のものを食べる楽しさを充分に味わいましょう。

市場ですから、行くならやはり朝です。遅くても10時までには行きましょう。早いお店は、その時間にはもう片付けを始めますからね。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。