マレーシアでの浄水器の設置など飲料水の確保

 日本は水道水に関して、とても恵まれている国です。水道を捻れば、きれいな水が出てきます。ところがマレーシアでは、まだまだそこまでの質には届きません。時には茶色がかった水だって、水道水で出てくることもあります。浄水はやはり気を使いたいことの一つです。

水道

 さて、マレーシアでは浄水の方法もいくつかあります。借りた部屋に浄水器が付いていれば問題はありませんが、無かった場合、やはり最初は大家さんと交渉してみるのが一番です。大家さんが付けてくれればOKですが、もし自費で付けることになったら、どれを選びましょう?

 まずは、水道管の大元ににつなぐタイプです。一度取り付けてしまえば楽ですが、コストとしては一番かかる方法です。でも、これさえあれば、飲料水だけでなく、洗濯水もきれいですから、白物を洗って、茶色くなることは避けることができます。
 次に、もう少し安くしたい、でも飲料・洗濯どちらも浄水が、という場合は、使用箇所の水道管に付けるタイプもあります。
 そして、洗濯はこの際二の次で、飲料水だけでも、という場合は、浄水タンクを買いましょう。これは、上のタンクに水道水をいれ、フィルターで漉して、下のタンクに浄水がたまる仕組です。これなら、水道管につなぐよりもかなり安くあがります。

 その他、飲料水をタンクで買い、ディスペンサーを使うタイプもあります。タンクは約20リットルで、注文すれば配達をしてくれます。ディスペンサーは、買う量によってはサービスしてくれるところもあります。ただし、タンクをディスペンサーに乗せるのは、女性には若干辛いかもしれません。タンクの交換は、男性にお任せしましょう。

 東南アジアに慣れているツワモノの中には、水道水を沸騰させて冷ませばOKという人もいます。ただ、沸騰させても不純物は残っているようで、ごはんを炊いたり、お茶を入れたりするときに味が悪いままだったりします。
お金をかけるか、労力を取るか、いずれにしても、自分に合った方法を選びましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。