マレーシアでの車の運転

マレーシア国旗

クアラルンプールのような大都市は電車網が発達していてとても便利ですが、少し離れた途端に不便になってしまいます。そこで、自分で車を運転することを考えて見ましょう。
マレーシアでは、車は左側通行ですから、日本と同じです。道路標識も、決して難しくはありません。ですから、基本的に日本で安全運転ができていれば、マレーシアでも問題はありません。

大都市や市内中心は車の台数が多く、時間帯によっては渋滞もしています。また、一方通行も多く、一度迷ったら元に戻るまでに苦労をすることがあります。
それに比べて、田舎ではそれほどでもありません。むしろ、自家用車こそが普段の足になります。車の台数もさほどではありませんから、運転はしやすいですが、スピードを出して走っている車が多くなります。後ろから勢いよく近づかれたら、速度をむやみに変えず、すみやかに道を譲ったほうが安全です。

運転中に特に気をつけたいのが、大都市では歩行者、全体としてはオートバイがとても多いことです。特に田舎では、二人乗りだけではなく、三人、四人乗りを多く見かけます。子供や赤ちゃんを抱いていることもよくあります。また、若者はオートバイでレースをしていることもありますから、そのようなオートバイが近くを走っていたら、十分気をつけましょう。

さらに田舎では、人間以上に気をつけたいのが動物です。ヤギ・牛の群れが路肩で草を食べていたり、移動したりしています。その他、蛇やオオトカゲ、小動物が道路を横断することもよくあります。そのような動物を見かけたら、スピードを少しおさえめにして運転することが大事です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。