映画好きなペルー人

ペルーの人は本当に映画好きが多いと思います。
時に一人でゆっくりと、リビングで家族皆でと。ビールを飲みながら、ご飯を食べながら

家庭にだいたいお邪魔すると、オーディオやテレビの横にたくさんのDVDを目にします。
その数は、相当な数。
その理由は簡単です。街に海賊版があふれているからです。
安い物で、一枚日本円で75円程。三枚で150円 いっぺんに多く買うと安くなるお店多いです。
ハリーポッターやロードオブザリング等他、シリーズ物等は一枚のディスクに全て入っていたりしてびっくりです。
メルカード(市場)等に行くとこういった多くのお店を見る事が出来ます。
日本ではまだ公開されていない映画等もいち早く見る事が出来ますし、たった今映画館で上映中の作品もあります。
おもしろいのは、そう言ったDVDを楽しみにプレイヤーに入れて見ると
あきらかに、映画館の画面を撮影している物があったりします。
中には、子供の泣き声や笑い声、咳こむ人等
最初皆で家で鑑賞している時に、この不自然な音に一瞬私は エッ!と思い
皆の顔を覗き込みましたが、誰もその音を不自然と思わず至って普通に流していました。
ブルーレイやWiiのソフト、プレイステーションのソフト等、普通に海賊版が定着しています。
正規のCDショップ等はめったに見かけないし、レンタル店等はありません。
著作権等の問題がこの国に出てくるのはいつの日になるのでしょうか。
でも、この安価な価格が、多くのペルー人の映画好きに繋がっていると思います。

こういったお店を覗くと日本の映画に出会う事もあります。
日本のドラマ全話が一枚に入っていたり、特にマンガが多くあります。
先日、ペルーの番組でペルーで一番多くの人に見られたマンガの歴代ランキングを放送していました。
一位は 母を訪ねて三千里でした。上位はだいたい日本の番組で
キャプテン翼 キャンディキャンディ ポケモン マジンガーZ ドラゴンボール等々でした。

では、映画館はあまり繁盛しないのでは?と思うと思いますが
最近多くのショッピングモールではシネコンが入っていて
曜日によって安くなる日があり、安い日は300円弱で見る事が出来ます。
顔ぶれは、若い学生等がショッピングモールで買物しながらとか、
年配の夫婦、中には赤ちゃん連れも。
上映中の会話、携帯の電源オフ等のCMが流れる日本とは違い
内容によっては、皆でリアクションしてしまう様な場面もしばしばです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。