ペルーの交通手段モトタクシー

ペルーで生活に密着した交通手段と言うと、電車、バスではなく。
やはりモトタクシーではないでしょうか。
バイクに赤い箱をまたがせた様なフォルムで多くのペルーの街を走りまわっています。

おもしろいのは、その赤い車体に時々日本の漢字を見る事です。
幸子愛 とか、永遠有子愛 とか今独恋人募集とか 誰がどうこの漢字を伝えたのか?と
ここに書かれるまでの流れをどうしても想像してしまいます。

値段も乗る前に交渉したりします。日本で言うタクシーと言うと
ちょっとそこまでと気軽にはなかなか利用しないと思いますが、ペルーではちょっとそこまででも
モトタクシーを利用します。
朝は学校に行く子供達の送迎代わりに親達が利用する光景をよく目にします。
病院の入口やスーパーの出入り口にもたくさん待機しています。
だいたい後部座席に大人3名から4名が定員という感じですが
ここはペルー、大人三人の膝の上に更に大人三人でも乗車拒否はされません。
後は、お願いしいた道からややそれて、勝手に運転手の仕事帰りの奥様を近くでピックアップしてから
再び業務に戻る様な事もしばしば。それも客になんの断りもなく自然とそれが行われます。

普通の乗用車のタクシーもありますし、日本のバンの様な車をバスにして走っていたりもします。
今あげた全ての交通手段で一番気をつけなければいけないのはやはり安全面です。
交通ルールの安全面ももちろんですが、運転手が窃盗する事等もしばしば。
特に日本人やアジアの顔を見るとぼったくられる傾向が強いのも事実です。
 

首都リマまで出ると、最近メトロポリタノと言うバスが便利です。
バスなのですが、専用の路線が道に組まれているので他の一般車が進入出来ない構造なので
渋滞を緩和出来ます。
日本のバスよりやや大きめで大変車内も綺麗です。
価格もタクシーやバン車の車より安く何よりも時間帯によっては大変渋滞するリマでは重宝されているようです。
しかし、通勤時間帯等は日本の電車と一緒で、ギュウギュウ詰め状態。
最近の問題としては、痴漢の横行が増えて色々な対策がねられています。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。