ペルーの食品物価

ペルーの物価は、日本のだいたい三分の一と言いますが、これも物によってだと思います。
野菜、肉 卵 等 日々食卓に出る機会が多いもの等を見て行くと

買い方も、だいたいの野菜、果物 肉は、日本の様に一袋、一パックいくらではなく、自分で店にある量りを見てキロ単位で購入します。
なので表示価格もキロいくらと言う表示がほとんどです。
じゃがいもで言えば、一キロだいたい1ソル(日本円で30円前後)お米で言えば日本人の私でもおいしく食べられるお米で1キロ2.7ソル~3ソル
野菜等は日本に比べて本当に安いです。
肉は鶏肉、アヒル 豚肉 牛肉 等色々あります。
市場で一匹丸ごと店先に吊るされて売っているのが普通です。
鶏肉等の印象は店を選ぶ目利きがあれば、断然日本より新鮮で臭みがなくおいしいです。
価格は一キロ8ソル(日本円で240円前後)だいたい一匹の鳥肉が2.5キロ
豚は一キロ12ソル 牛は一キロ18ソル 卵は一キロ5ソル

こうしてみると、やはり日本よりだいたいの物が安いなと言う印象ですが
私はツナ缶が好きで、ペルーではもっと安いのではと価格を気にせず購入していましたが
一個だいたい6ソル~(日本円で180円前後~)日本の方が若干安い気がします。

魚も肉よりは、相場が若干高くなってきているとか。
これは世界的に問題視されている海の温度に関係してきているらしく、夫が子供の頃や若い頃は
魚は逆に肉よりも安かったそう。

夫は煙草を吸いビールも飲みますが
ビールは一本4ソル前後(日本円120円前後)飲んだ瓶を持って行くと少し安くなるようです。
煙草は一本から売っています。一本0.5ソル~(日本円で15円前後)銘柄は日本の様に数は多くありません。

外で外食をしようとすると
どこの国でも同じですが、ピンからキリまでです。
リマのレストランや、本に載っている様な店は日本と同様の値段設定もありますが

一般的なペルー人の家庭が外食をしようとすると
日本で言う定食屋の様な所では5ソル~(日本円で150円前後)からメニューがあります。
スープとメインが出ますが、量は多くお腹いっぱいになります。
ピザ店、ペルー人に人気の鳥肉を炭火で焼く店、中国料理屋も多く見られます。
だいたい夫婦二人子供一人としても、50ソルあれば結構おいしい物は食べられる感じです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。