ペルーでアパートを借りるには

ペルーでアパートを借りる場合、物件を探す事から始めます。
その方法は、日本ではネットや不動産屋めぐり等だと思いますが、ここペルーでは
街のあちこちにある新聞や本等を扱っている屋台みたいなお店に貼り紙がしてあるそうです。
家の家主が、この屋台の人に頼んで入居者募集の貼り紙を店先に貼らせてもらうそうです。
扱っている商品が新聞や本と言う事で、日本と同じ様に立ち読みをする人が多い事もあってか
逆にこのスペースを使って、求人や入居者募集等の情報掲示板の役割を果たしているそうです。

当然、探す側もこの事を知っているので、まず家を探したい場合は、とりあえず
その掲示板を見て何か情報があるか探すそうです。
それでもない場合は、新聞欄にそういった募集記事がないか
そしてそれでもない場合は、自分の足で探すそうです。
結構空き家等は、家の前等に入居者募集の貼り紙があるそうで、実際私もそう言ったものを見た事があります。

物件が見つかりいざ借りよう!となると。
日本では色々な審査、保証人等、個人的な面まで当然踏み込まないと貸してもらえませんが
ここは、ペルーです。
一切そう言ったものがないようです。
ここで言うのはアパート等を探す場合の事であって
マンションや一軒家を購入となると、又話は変わって来ます。
アパートを借りたいとなると、必要な事は
2カ月分の家賃の支払いです。
一カ月分は日本で言う敷金にあたるものです。退去時の修復に出る出費をこれでまかないます。

家主は入居者が毎月の家賃の支払い能力があるかないかは問題にならないそうです。
毎月の家賃の支払い方法も、家主が訪ね支払いを済ませたり
反対に家主の家に行って支払いを済ませるそうです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。