デング熱や腸チフスなどフィリピンで気をつけるべき病気

フィリピン国旗

フィリピンで先ず気を付けなければならないのが病気になった時です。万が一病気になってしまったらどうすべきか、事前に対処法を調べておかなければなりません。
フィリピンではコレラ、赤痢、腸チフス、マラリア、デング熱、寄生虫疾患などの感染症が多く、衛生状態は決してよくありません。

日本では聴いたことも無い病気もあるので、日本から持参した市販薬などでは効かない可能性もあります。体調に異常を感じたら、現地の病院で受診したほうがいいです。
都市圏では、医療機関が整備されていて、安心して診療が受けられます。言葉の問題もありますから在フィリピン邦人は私立病院へ行くことが多いようです。
フィリピンは日本と違い、健康保険は利きませんから、高額治療費もかかることに注意してください。

デング熱は感染性の病気で毒性の強いもので、フィリピンでは主に蚊に刺されることで広まっています。かなり強い病気です。

狂犬病は、フィリピンで野犬や放し飼いの犬が多いので狂犬病が普通に見られる病気みたいなので犬に近寄らないということです。

脱水症状、日本との気温や湿度の違い、太陽の強さの違いを感じるので体が慣れるまでは十分に気をつける必要があります。
生水による食中毒もありますから、水や冷えたものや氷、皮をむいて販売されている果物などには十分注意してください。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。