フィリピン人との結婚、婚姻手続きの流れと婚姻要件具備証明書と結婚許可証の申請方法

フィリピン国旗

フィリピン人との結婚の場合は、どんな場合も身元確認が必要です。日本で結婚行うのとは違い問題が沢山あります。

フィリピンは、貧困の激しい国ということはご存知だと思うのですが、その為に実際には結婚していない夫婦は沢山います。また、そして、子供がいるなどです。結婚はしたが籍は入っていないが実は旦那さんがいて子供もいたなどのトラブルはつきません。
また、日本人との結婚目的のみのために年齢をごまかしたりの偽装書類の捏造は当たり前のように行っています。

婚姻しようとする相手が過去に日本での在留経験があり、そのときに不法残留したり不法滞在して退去強制処分になった入管法違反歴がある場合もあります。
結婚を考えた場合は、最初に身元確認や家族構成・日本在留経験など詳しく調べておいた方がいいです。

結婚しようとする相手のフィリピン人の出生証明書は地方の市役所が発行した謄本とNSO(国勢調査統計局)発行の謄本が2通が望ましいです。これは、偽装書類の発見につながります。
日本大使館に婚姻要件具備証明書を申請し、婚姻要件具備証明書が交付されてから、それを今度は結婚相手の住む地域を管轄する市役所に出向き結婚許可証を申請します。
フィリピン国家族法により、婚姻許可証が申請された場合は、役所はその当事者の氏名等の身分事項を10日間公示します。重婚などを防ぐ目的です。この10日間に他から当事者が結婚することに異議がなかった場合に婚姻許可証が発行されます



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。