フィリピンに長期滞在するためのビザ(査証)の種類

フィリピン国旗

フィリピンのビザは各種ありますが、観光客の方が利用する場合は、21日間以内の滞在ならビザは不要です。
これには、条件があり、パスポートの残存期間が滞在日数プラス6ケ月以上必要となっています。
21日間以上滞在したい場合は、59日間有効なツーリストビザを日本国内で取得できるのですが、その場合は、費用が高くつきます。フィリピンに滞在して取得した方が安いです。初めての方は、日本での取得が安心でしようが、フィリピンに知り合いの方がいるのであれば、フィリピンでのビザ更新をお勧めします。
ビザの更新は2ヶ月に1度の更新で2年間行えます。

そのほかにも、フィリピンで会社を設立し、持ち株金額が30万ペソ以上ある場合取得できる商業.投資ビザがあり、このビザの場合は、1年更新です。

比較的とりやすく多くの方が行っているのが、フィリピン人と結婚し、申請をすれば自動的に取得出来る移住ビザまたは永住ビザで、1年間は仮永住ビザですが、2年目から正式な永住ビザがもらえます。このビザはフィリピンで就労できますが、外国人雇用登録証が必要となります。

フィリピン人と結婚している外国人に入国する際にフィリピン人の配偶者と一緒に入国する事が条件で、空港到着時、自動的に1年間の滞在許可が与えられるバリックバヤンビザもあり、この制度はあいまいで、原則的には1年間のビザで、1回限りとなっていますが、何度でも使えるようです。

そのほかにも、割当移住ビザ、特別居住退職者ビザ、投資委員会フィリピン経済区の特別ビザ、学生ビザなど多くのビザがあります。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。