フィリピンでは建売の新築住宅を購入するより注文住宅を建てるのがおすすめ

フィリピン国旗

外国人はフィリピンで土地を購入する事が出来ません。
名義人がフィリピン国籍者名でなければなりません。
個人で自宅を購入する際は、通常、配偶者の名前を使用しますが、
フィリピン人の配偶者がいない場合は信頼出来るフィリピン人の知人の名義にします。
名義人を決める際はどんなに親密な関係でも利害関係に無い知人は、避けるべきです。
知人が金銭に困ってしまうと簡単に家土地を売ってしまうからです。
勤務している顧問弁護士等の身元がはっきりしているフィリピン人に依頼した方が無難です。

さて、フィリピンで家を新築する場所は、マニラ首都圏では土地が少なく 非常に高額になる為、マニラ首都圏から車で1時間以内のCAVITE,LAGNA州等のビレッジ内になっております。
大手デヴェロッパー開発がしっかりしたビレッジでも400平米の土地に、建坪200平米の建物を建てても、
2000万円以下で新築の家を購入出来ます。

但し、建売の家を購入するのは得策でありません。
部屋が小さく区切られ、窓も小さくなっているので、日本人の住居に向いていないからです。
働いている会社等で使っている不動産屋、修繕会社に依頼し、デザイン会社を紹介して貰い、
話し合いしながら、家の間取り及び、デザインを決め、注文住宅を建てた方が、快適な住宅を建てられます。

注文住宅を建てる場合は、少なくても週に1回は状況を見に行かなければなりません。
作業員がさぼっていたり 事前に相談も無く勝手にデザインを変えてしまう事があるからです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。