フィリピンでのサービス・接客の質について

フィリピン国旗

フィリピン人個人個人はホスピタリティーに富んだ愛すべき国民ですが、
一旦、会社或いは組織の一員になると 客を客と思わなくなり、
不愉快になる事が多くあります。

一例をあげますと スーパーのレジ待ちの時です。
大手スーパーには、サリサリストアーと呼ばれる個人商店主が大量の商品を購入します。
その場合、長い時間レジで待たされる事があります。
レジが混雑しているのに、レジの係のスタッフ同士がおしゃべりをしている場合が多く、更に 待たされる事があります 
客が返品する場合は スーパーバイザーと呼ばれる役職の人間しか処理出来ない様で更に待たせます。
客を客と思っていないのかと腹が立つ場に遭遇します。

フィリピンの役所も同じで ひと昔前の日本の役所と同じ様に
役所で働いている人間が威張りっておりますし、不親切、処理が非常に遅いです。
一つの手続きをしようとしても、複数の係に跨ぐ場合は、終わったかと思ったら、
次は違う係ですと言われ、どうしたら、終わるのかはっきりしません。
初めから、手順をきとんと説明してくれたらと思うのですが、係の人間にとって自分の係の処理が終われば、処理が終わりと思っているのか、
役所を利用する人間の立場にたっておらず、利用者の手族きの一連の流れを説明しません。
利用者がいても昼食時間になると勝手に昼食時間の係全員が一斉に休憩を取ってしまいますので更に腹が立ちます。

銀行での処理も、とても待たされます。
どの位待たされるのか聞いても、きちんと答えてくれません。
銀行の係は混み具合も考慮せず、いつものペースで作業をしています。
利用の便宜を一切考えていません。

フィリピンに来て、役所、銀行、スーパーには出来得る限り メード等の個人使用人に行かせる様にしています。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。