フィリピンの休日の過ごし方 ゴルフとカラオケ

フィリピン国旗

平均的な駐在する日本人の休日の過ごし方は 
日中はゴルフ、夜はカラオケです。

フィリピンは日中の午後2時頃特に暑いため、最も熱い時間を避ける為、遅くとも、午前9時にはティーオフします。
よってマニラ首都圏に在住の日本人は午前7時には家を出、
コースには午前9時前に到着します。
コースの混み具合によりますが、1ラウンド5時間以内で終了しますので
午後2時にはプレーは終了し、クラブハウスでシャワーを浴び、昼食を取り、
午後4時には自宅に到着します。
帰宅後、昼寝を取るかサウナに行きマッサージをしてもらいます。
フィリピンのマッサージですが、指圧、スウェディシュ、フィリピン伝統のヒポットと 
数多くの種類があります。

同じお店でも、マッサージャー間の技術の差が甚だしく、体を休める所か、逆に体を傷めつけてしまう場合がありますので、
馴染みのマッサージャーを見つけるのが重要です。
その後、午後6時頃に、友人と夕食を取り、その後、8時頃カラオケに行き2時間程(1セット)楽しみます。
15年程前、カラオケ、ゴルフは2000ペソと同じ金額で楽しめましたが、現在はカラオケは2000ペソと同じ金額で楽しめますが、
ゴルフのプレー代金は4000ペソと倍の金額になっております。
カラオケの価格が変わらない理由は、日本に働きに行っていたエンターティーナーが法律の変更により 
日本に行きにくくなり フィリピンのカラオケのエンターティーナーが供給過剰になり、
人件費が安く抑えられるようになった為と想定されます。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。