フィリピンの日本食レストランの場所や料金など

フィリピン国旗

レストランの所在地はおもに、マニラ首都圏に存在します。
 マニラ、ケソン市内は、中華料理、スペイン料理等の老舗のレストランが多くあります。
又、日本料理、韓国料理、又、比較的新しいレストランは 外国人が多く居住する
、マカティー市、アラバン地区、フォートボニファシオにあります。

価格は、日本と比べれば安いですが、ディナーは1人目前1000ペソ前後で日本円で約800円と現地人の大卒の初任給が1万2千円ですので、給料と比べて高く頻繁に行く事は出来ず、多くの客は外国人或いは中華系の裕福な現地人が殆どです。

但し、最近は現地人を対象に500ペソ前後約800円と価格を安く設定したレストランが増えております。その分 フィリピン人好みの味になりつつあります。
特に日本料理レストランに顕著であります。
その為、日本人は現地人が多く来るレストランを避ける様になり、高級なレストランに行く傾向がでております。高くついてしまいますので、高級日本レストランでは無く、競争率の高い韓国料理に行く日本人も増えております。

一般的な日本レストランのメニューで比較的安くおいしいのは、雲丹です。
どこのレストランもはずれがありません。
又、サンミゲールと云うフィリピンの(300ml)が50ペソ(約80円)と酒飲みには嬉しいです。
又、フィリピンの多くの日本料理レストランのウエートレスの服装が
ミニスカートが多いのが不思議です。
マニラ近郊のラグナ州にある龍馬と云うレストランが安くボリュームが有り人気の日本食レストランです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。