フィリピンでのリタイアメントビザ、特別居住退職者ビザ(SRRV)の申請と取得方法

フィリピン国旗

フィリピンリタイアメントビザは、特別居住退職者ビザ(SRRV)と言われ、フィリピン共和国大統領府直下のフィリピン退職庁(PRA)が申請窓口となっています。35歳以上の方がフィリピンでの永住権と様々な特典が得られるシステムとなっています。
退職者特別居住ビザの所有者には、フィリピン共和国の永住権と自由出入国の権利が与えられます。退職者特別居住ビザは、フィリピン共和国の入国管理局から、外国人に対し、フィリピン国退職者対策プログラムとして発行されます。
肉体的、精神的に健康な35歳以上で警察の無犯罪証明書全ての外国人が申請の対象となります。
35歳から49歳までの全ての外国人はUS$50,000の指定銀行への預金が必要です。50歳以上の外国人はUS$20,000となります。
申請資格者は35歳以上の全ての外国人が申請の対象となります。
年金または年金に相当する受給金額が月額US$800 あってフィリピンに年金送付される方。

50歳以上:銀行預金額 US$10,000
年金に関係なくお申込み
50歳以上:銀行預金額 US$20,000  
35歳以上:銀行預金額 US$50,000
扶養家族として同伴取得できるのは配属者のみで配偶者と21歳までの子供1名が付帯できます。

申請に必要な書類

1.有効なパスポート
2.健康診断書(AIDS検査・レントゲン検査)
3.指定銀行の必要額US$20,000、またはUS$50,000の預金証明
4.無犯罪暦証明書
5.写真 5×5cm、2.5×2.5cm 各6枚



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。