スペインの交通機関と乗り方

いざ海外で暮らすとなると、その土地の交通機関はとても大切になってきます。
スペインの主要な交通機関をご紹介します。

メトロ(地下鉄)

都市であれば、かなり隅々までメトロが通っています。
路線図も分かりやすく、初心者でも安心です。
チケットの券売機は、言語がスペイン語・フランス語・英語から選べる場合が多く、
クレジットカードも使える場合がほとんどです。

メトロに乗る際に注意したいのが、ドアが自動で開かないという事。
ボタンを押してあけるタイプと、レバーを操作するタイプがあります。

路線バス

1回ごとに現金で支払う事も出来ますが、メトロと同じく、回数券での購入がお得です。
街のキオスコなどで買う事が出来ます。
目的のバスが近づいてきたら、手をあげて合図をしましょう。
ただ待っているだけだと、そのまま通り過ぎてしまいます。

乗車口は前方です。
運転手席の横に台があり、そこで支払いをします。
回数券の場合は、カードをかざせばOKです。
降りる時は、日本と同じような降車ボタンを押して合図します。

RENFE(レンフェ)

RENFE(レンフェ)は、スペインの国鉄です。
スペイン中に広がっており、都市間の移動には便利です。
基本的にチケットは当日、窓口にて購入で大丈夫ですが、ハイシーズンや長距離移動の時は事前に予約しておいた方が確実でしょう。

AVE(アベ)

AVE(アベ)はRENFEの高速列車です。
なんとマドリッドからバルセロナ間を、約2時間38分で走ります。
乗車には予約が必ず必要です。
乗車日の60日前から予約可能で、インターネットでも手続きする事が出来ますよ。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。