イギリスでの中古車の買い方と注意点

中古車販売の多いこの国、古いものを好む特性が強いせいか、壊れたものを治すのが好きな性格からか、わかりませんが、よくみつかります。お店やネット販売も、数多しです。ネットの場合は、個人で今まで使っていた車を売る人や、ガレージがebayなどに、丸ごとカタログのように、のせているケースもあります。

ピックアップトラック

イギリスでは、車検はMOT(エム オー ティー)といって、年に一回、毎年行う義務があります。これも、やはり古い車が多いため、壊れやすいのでしょうね。それから、タックス、車税がまた年に一度、払わなければなりません。その為、販売の際に、必ず、 MOT何月に合格した、タックスはいつまで払ってある、などという情報ものせてあります。のせていなかった場合には、売り手に問い合わせて聞いてみることを、忘れないでください。詐欺などで、MOTに受からなかった車を売るケースがあり、買ってみたら故障だらけで、車検に受かる為にとてもお金がかかったということもあるので、要注意です。

MOTはガレージなどで大体一回、30ポンドくらいで、検査してもらえますが、中古車は一発で受からないことも稀ではないです。ブレーキパッドを変えたり、サスペンションが伸びきってたりと、最初はちょっとお金がかかるのも、事実です。あとは、日本と一緒ですが、マイレージなども確かめたあとに、実際運転してみて、決めましょう。

購入後の保険ですが、ブレイクダウン カバー、故障時のサポートを、リレーというのにしておくことをお勧めします。これは、万が一の故障時に、その場で見に来るだけではなくて、けん引車で自宅まで送ってくれるという有難いカバーで、遠出した際に、とても便利です。私は、スコットランドで故障した車を、3回に分けて、リレーでけん引きして、ロンドンの自宅まで送ってもらったことがあります。故障は痛いけれど、ガス代が浮き、運転もしないで帰って来れたのも事実です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。