和製英語の不思議とアメリカ英語とイギリス英語の違い

カタカナ書きなので、てっきり英語かと思っていたらどうしても通じないという経験をした事がある人は多いのではないでしょうか。しかも、イギリス英語はアメリカ英語ともちょっと違います。地方によっては訛りの強い所もあり、どうしても聞き取れなかったなんていう話をよく聞きます。さらには、英語を母国語としない国からの移民も多く、コンピューター関連の顧客サービスに電話しても何を言っているのかちっとも分からないと頭を抱えた経験もある人も少なくないようです。

もちろん慣れればいいことなのですが、「自分の英語力の無さ」と勘違いして落ち込まないように、生活の中で注意すると良い言葉の一部を並べて見ます。

日本語 イギリス英語 アメリカ英語
フライドポテト chips French fries
エレベーター lift elevator
2週間 fortnight two weeks
薬局 chemist / pharmacy drugstore
ガソリンスタンド petro station gas station
歩道 pavement sidewalk
ズボン trousers pants
パンツ knickers underwear
セーター jumper/pullover sweater
下着 vest undershirt
休暇 holiday vacation
消しゴム rubber eraser
サッカー football soccer
秋 Autumn Fall
日本語 英語
ポテトチップ crisps
ココア hot chocolate
トレーナー sweatshirt トレーナーは運動靴をさします
パン bread
アイス ice cream アイスは氷
バイキング buffet
ミルクティー tea ミルクが入った紅茶がでてきます。
(レモンティーは日本ほど一般的ではありません。)
ちなみに、コーヒーにミルクを入れるかどうかは(black or white?)と聞かれます。
OL,サラリーマン office worker
アルバイト part-time work
パソコン computer ノートパソコンはlaptop (computer)
ダンボール cardboard
ホッチキス stapler
ビニール袋 plastic bag
電子レンジ microwave
ラップ cling film
ハンドル steering wheel

きりがありませんが、カタカナ語を見たら「これは和製英語?」とゲーム感覚で確認する癖をつけると楽しいかもしれません。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。