イギリスの1年を通じた天気・気候とおすすめの防寒具・服装

イギリス国旗

 イギリスの天気は、1日の中に四季が有ると言われ、とても変化に富んでいます。町を歩いていると、半袖Tシャツの人とコートを着た人が一緒に歩いているのも見かけます。イギリス人よりも、日本人は寒がりの傾向がありますので、気をつけて暖かい服を選んだ方が良いと思います。1年の気温などの情報を見ても、1日で気温が変化するのであまりあてにはなりません。

 当面着るものは、出発前に大体の天気と気温をインターネットでチェックして、とりあえず着るものを決めるのが良いと思います。なお、イギリスも北部はとても寒いですので、コート類や防寒具は持って行った方が無難です。
 一番簡単な方法は、いつも脱ぎ着ができるように、重ね着をしたり、スカーフやマフラー、ストールなど調整できるように持っておくのが良いと思います。冬の時期であればロングコートは必要です。日本のものですと、やはり冬の寒さが違うせいか、どうもイギリスの防寒着としては少し物足りない感じがします。

日本の折り畳み傘は、軽くて丈夫で種類も豊富ですので持って行って重宝すると思います。ただし、イギリスの強い風で何度か骨が折れたこともあるので、風の強い日は現地で購入した傘を使用した方がいいかも知れません。イギリスにいて不思議だったのは、雨が降っていても傘をささずに歩く人の多い事です。どしゃぶりの雨の中傘をさしていても、「雨なんか降ってないよ!」なんて言われた事も有ります。

 冬は湿気が多く、良く霧が出ます。特に起伏のある場所を運転していると、谷や低い場所に入った時、突然霧が濃くなり視界が全く効かなくなる事もあります。濃い霧の中の運転にはご注意下さい。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。