イギリスで英語学習するための語学学校の選び方

イギリス国旗

大学や大学院などは別にして、「イギリス人じゃない人が英語を習得もしくはレベルアップをしに来る所」についてのお話です。

次のようなポイントが問題になってきます。

英語のみを教えている学校なのか、英語プラスアルファなのか

近年は後者のタイプが人気が出てきています。英語そのものだけでなくフラワーアレンジメント、ガーデニング、メイクアップレッスン、クッキング、アロマテラピー、ゴルフ、テニス、乗馬、アート・デザイン、ファッションビジネス、インテリア、演劇など実に多彩なコースがあります。もちろん講義はすべて英語で行なわれますから、懸命に講義についていくうちに自然に英語力のほうもアップしていくでしょう。

日本人が多いか少ないか

当然ロンドンの学校が最も日本人が多いです。学校へ行った初日にレベル分けの英語テストをされることが多いですが、レベルが下のクラスほど日本人率が高いです。
北部アイルランド、スコットランドなど北へ行くほど日本人はあまり住んでいないといわれています。
ですが、たとえ日本人の多い環境でも明確な強い意志を持って勉強する人はちゃんと英語を習得してゆきます。結局は自分の努力しだいです。

滞在形式は個人のイギリス人のお宅にホームステイか、学校の寮か

どちらの場合も1人部屋、2人部屋、4人部屋といろいろあります。
ホームステイと書いてあっても、そこの家庭に自分1人だけでなく留学生を数人預かっている、にぎやかな集団ホームステイもあります。
申し込みの用紙でstudent guest houseと書いてあっても、現地に着いてみたら寮でなく普通のお家のホームステイということもあります。

いずれにしても、学費が安いというだけで決めずにいろいろな語学学校を比較して選びましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。