ロンドンでの仕事探し

履歴書などを何社にも送って見つかるちゃんとした仕事は大体、長くて3ヶ月かかります。レジデントを持っている人は、その間、補助金がもらえるので、自分の区のジョブセンターに問い合わせましょう。

https://www.gov.uk/contact-jobcentre-plus 

補助金は、週60ポンドくらいですが、ケースによっては、家賃代も出たりしますので、役所の人と相談して、必要な書類を集めて提出してください。ジョブシーカーになると、履歴書の書き方から、面接の受け方まで手助けしてくれたり、練習させてくれたりします。

バイト探しの方は、直接、飲食店や雑貨屋などの働きたい場所に出向いていって、履歴書を手渡しするのが、最も効率的ですが、忙しい人や、やりたい職があっても場所がわからない人は、http://www.gumtree.com/ などのサイトで、職探しできます。

また、ジョブセンターや、https://www.gov.uk/contact-jobcentre-plus でも探せます。手払いがいいという人は、ブリックレーンにあるアトランティスなどの、アート専門店の公示版に、写生教室などのモデルのバイトが、よく貼ってあります。引っ越しのドライバーなど、車を持っていたり、家でやる美容師などの手に職がある人は、図書館などの公共の施設、日本食品店の掲示板や、日本人サイト、新聞などに、広告を載せておきましょう。もちろん、日本人用の新聞などにも、求人広告はあるので、探せば早いと思いますが、英語を学びたい方には、日系の仕事は、ちょっと惜しいような気がしないでもないですね。経験上、職場で伸びる英会話力と言ったら、ものすごいです。お金を稼ぎながら、特に努力もなく自然に身に付くので、私はお勧めします。英会話を学びながらなので、時間が経つのも早かった気がします。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。