イギリスでの部屋探し 物件のタイプと平均的な家賃相場

ロンドンは東京以上に家賃が高いといわれています。
物件探しはインターネットのほか、ショッピングモールの掲示板、イギリス在住日本人向けの日本語情報誌、もちろん不動産屋(Estate Agent、Letting Agent)でも探せます。ロンドンには日本語の通じる不動産屋もあります。地元の新聞に掲載された物件をチェックするのもいい住まいを見つけるのに有効だと思います。また、学校で斡旋して下さる場合も有ります。日本にいる時から、インターネットで探すのも良い手段だと思います。手軽に住みたい地域の相場を見ることができると思います。

イギリスの家には主に3種類に別れており、一戸建て(detached)、一戸建ての真ん中に壁があり、2家族が住めるようになっているセミディタッチト(semi-detached)、長屋タイプのテラストハウス(terraced house)。日本で言うアパートはFlatといいます。家具付きの家(Furnished)が多く、身一つですぐに暮らせます。

物件、部屋のタイプには
one bedroom(1LDK) 全て専用。都心は月2000ポンド前後、遠方は月800ポンド前後

studio(ワンルーム)全て専用だが狭い。月に650ポンドから1300ポンド程度

bedsit 寝室・キッチンは自分専用、浴室は共同。月に500ポンドから800ポンド程度

などがあります。

フラットシェアといって、2LDK、3LDKの部屋を友人数人で借りている人も多くいます。寝室は自分専用、トイレ・浴室・キッチン・リビングなどは共有です。大家さんと同居の場合と、部屋を借りている住人たちだけで暮らす場合とあります。家具や家電製品は最初から揃っています。家賃は月に300ポンドから500ポンド程度です。ただし高熱費を含む場合と別な場合があるので確認しましょう。

契約を結ぶ際は、どのタイプの部屋でもデポジット(敷金)が必要で、家賃の1ヶ月分から3カ月分くらいです。お部屋や家を返す際に、部屋の破損などの問題がなければ賃貸契約が終わり退去してから返金されます。礼金、また保証人はいりません。

ロンドンの中心部から少し離れた地域ならちょっとは安いです。日本人が多いのはロンドン北部です。また、安くても治安の悪い地域はおすすめできないので金額だけで選ばないようにしましょう。ゴミだらけの地区、落書きが多い、昼間から酔っ払いが多い地区などは避けた方が無難です。

家を借りた場合、庭師や窓ふき、掃除が月に数回入ることがあります。全く気にしない大家さんもいますが、まれに庭を勝手にいじると問題が起こることもありますので、出来るなら元々その家の担当の庭師さんに任せるのが無難だと思います。なお、家に出入りした人から情報が流れて、泥棒が入ったりすることがあるとも聞きます。金銭などは目につかぬところに置いておくなどご注意下さい。

イギリスは、日本と違ってとても水回りが悪いです。
シャワーが思う存分浴びられるということがいかに貴重だったか、海外に出ると良く感じます。新しい家では温浴設備もよく、快適に過ごせますが、古い家となると、水回りがとても悪い事が多いです。
特に、家を見に行った時に、タンクを見かけたらご注意下さい。このタンクは、シャワーとセントラルヒーティングが兼用になっている場合も有ります。温水を貯めておくシステムなのですが、この中のお湯が無くなるとシャワーもお風呂もお湯がでなくなります。冬の朝、一家4人順番に朝シャンをしたら、途中から水が出て来る事もよくあります。

お手洗いも良く水が詰まります。一体先になにが詰まっているのかと思うほどに詰まって流れない事も有ります。
安い物件では、水回りにもご注意なさって下さい。

ロンドンでの部屋探し

一人暮らしよりは、一軒、もしくはフラットをシェアするケースが多いロンドンですが、一人で、すでにシェアされた家のなかの部屋を探す場合は、ネットで広告を探して、部屋を見学しにいって、大家、もしくはテナントの責任者と話を付けにいくケースをとります。

www.Gumtree.com などのネットでは、一般の人が広告を簡単に載せられるので、数多くの部屋が載っています。たまに、また貸しなどもありますが、一応、法律では、また貸しは犯罪とされています。何かが壊れたときの修理ができなかったり、テナンシー アグリーメント=借家契約書がもらえない、期間の契約書がないので、急に家を引っ越さなければならないことがある、というデメリットがあります。契約書は、書類として何かと必要になってくるので、最初に聞いておくことを、お勧めします。数人が一軒をシェアしている場合は、大体の場合が、新しい人の名前を契約書に加入します。たまに、住人の責任者のみが契約書に載っている場合もありますが、必要な際には、加入させてほしいと頼みましょう。まあ、契約書の書類がなくても、銀行口座の住所で、代用できることが、ほとんどではありますが、期間を限定された契約書は、突然引っ越せと言われない為に、サインをしておくことをお勧めします。実際、引っ越したら3ヶ月後に、大家の家族の一員が引っ越してくるので出て行ってくれと言われたケースは、よく聞きます。日本人と一緒に住みたい人は、日系の新聞や、サイト、食品店の掲示板などで、探しましょう。

もし、数人で一緒にシェアできる一軒家、フラット、もしくはスタジオなどを探している人は、不動産屋へ行くのが手っ取り早いです。契約書や期間限定、壊れたときの修理なども、ちゃんと揃っているので、一番、安心、安全なやり方です。不動産屋によっては、シェアされた家の一部屋を貸すというところもあるので、一人で探している人も、いろいろと聞いてみることをお勧めします。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。