アメリカに長期滞在するためのビザの種類

アメリカ国旗

日本人はアメリカに対してとかく憧れがありますよね。
一度は旅行してみたい、暮らしてみたい、と思ったことがあるのではないでしょうか。
日本人がアメリカに来るのには大きく分けて3つあると思います。まず一つ目は「旅行」。アメリカと日本は友好的な関係を築いているお陰で、

インターネットで旅行のためのESTAという手続きをとれば、入国から3カ月、アメリカに滞在することができます。

そして二つ目は、「留学」。アメリカにある語学学校、高校、大学その他で学ぶため、学生ビザというものを取得し、そのビザを使って入国します。
入国後は学校に通い、既定の出席率を保持すれば、学費を払っている限り、合法的に滞在することは可能です。

そして三つ目は、「仕事」。これは年々審査が厳しくなっており、そう簡単には許可がおりません。ほとんどが下りないといっても過言ではないくらいです。
外国から来た人が、アメリカ市民の雇用を脅かすことを回避するため、よほど特別な能力、技能がある人にしか許可が下りません。
労働ビザとは少し異なりますが、少し特別なものだと、布教活動をする神父などが取得できるビザ、アーティスト、俳優、女優、ミュージシャン、などが
取得できるビザなどもあります。

そして、例外ではありますが、私のようにアメリカ市民と結婚してグリーンカード(永住権)を申請し、認可されれば、合法的に働くこともできますし、
長期間アメリカで暮らすこともできます。
ただ、違法滞在者がアメリカに永住したいと言う理由から、グリーンカードのための偽装結婚を謀るケースもあるので、審査は慎重を極め、申請料も
15~20万円程度かかります。
晴れてグリーンカードを取得しても、最初の2年間は仮の永住権となり、その間離婚せず結婚が継続できた場合のみ、10年間有効期限のグリーンカードの書き換え
申請ができます。その後は10年単位での書き換えとなり、その都度5万円の更新料を払い続けることになります。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。