アメリカの健康保険制度

アメリカ国旗

日本の健康保険制度とアメリカの健康保険制度は全く違います。日本を出て、アメリカで暮らし始めるまで、日本の健康保険制度の素晴らしさに気付きませんでした。
というのは、ここアメリカの健康保険制度が酷いからです。「日本で病院にかかって支払う金額の数倍以上高い診察料を支払わなければいけない」ということです。

日本のそれとアメリカのそれとはまったくもって別物です。日本だったら会社に社員として雇用されていれば、会社から「社会保険証」がもらえ、約2~3割の医療費を支払うだけで病院にかかれます。
会社を辞めてしまっても、役所へ行って「国民保険」を申請することで、これまた医療費の一部を支払うだけで病院にかかることができます。もちろん税金を支払っていなければ国民保険に加入することはできませんが。

アメリカでの医療費が高いのは周知の事実。まず、そもそも健康保険を持っていない人が多いのです。雇用されている人は雇用先から提示される健康保険会社の中から、自分の家族構成などに見合った保険料、保険プログラムのあるものを選びます。雇用されていない人、自営業や無職であったりした場合などは、自分個人で健康保険を購入するか、それができない人はもう何があっても病院には行かない、と腹をくくるかしかありません。

アメリカは、個人の判断で健康保険に入ります。会社に雇用されている人は、健康保険を支給されますが、無職、もしくは自営業の人たち、その家族はみな個人の判断となります。日本のように税金を払っていれば誰でも加入できるという「国民保険」という仕組みが存在しないからです。

日本から外国人として海外で生活を始める場合、健康保険はあって困らないものです。逆にないと困ると言っても過言ではありません。
仕事のために海外へ移住する人は雇用されている会社から保険が支給されているかもしれませんが、留学などで生活を始める場合は海外旅行保険に加入してから海外に渡ることをお薦めします。

私自身、2回の留学経験、7年間に渡る海外生活でこの海外旅行保険に加入していて本当によかった、と思った経験が何度もあるからです。
現在は歯医者にもかかれる(値段に上限がありますが)プランもあります。
以前、我慢できないくらい痛み出した虫歯を治療しようと思い、歯医者に行ったとき、全部治療して$1400と言われたことがあります。単なる虫歯で14万円です。
レントゲン代、麻酔代、治療代、全て含めての値段ですが、日本人の私にとってはこの値段を聞いた時、開いた口が開きませんでした。

でも、歯科治療代も含まれているプランの海外旅行保険に加入していたため、そのうちの700ドルを保険でカバーすることができ、夫の会社の保険で扶養に入っているのでそれも使い、結局300ドルまでに抑えることができました。
でも、虫歯に3万円です。アメリカの医療代は甘く見ない方がいいと思います。

他の人の体験談としては、アメリカ人の夫の扶養家族として健康保険を持っているにもかかわらず、歯医者に行って普通の虫歯を治療しただけで軽く100ドルは取られますし、婦人科などへ行ってエコーなどをした場合は200~300ドルの支払いが請求されるといった話を聞きました。これは健康保険が利いてこの値段ということです。

現在、オバマ大統領が就任後からずっと、全国民が健康保険を持てるように、と色々な対策を打ちたてていますが、残念ながら、なかなかうまく話しは進んでいません。
どれだけアメリカの健康保険制度が日本に比べて劣っているかを詳しく知りたい方は、映画「Sicko」を鑑賞してみてください。よくわかります。

海外生活をする場合は、必ず日本でAIUなどの海外旅行保険に加入することをお薦めします。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。