アメリカの銀行での窓口の対応

海外生活をするにあたって、銀行とのお付き合いは切っても切れません。お金の管理を任せるのはやっぱり日本に住んでも、海外に住んでも「銀行」です。
海外の銀行は日本の銀行とは明らかに違っています。

例えば私の住んでいるアメリカの銀行に関して言うと、街にある銀行の支店へ行くと店舗によっては、日本のそれのように店内にATM機はありません。(あるところもあります)
その代わりに日本の「受付窓口」のようなところがあり、そこに並びます。

日本のように「今日のご用件は?」と親切丁寧に寄って来て世話を焼いてくれる係員などはいません。
現金を引き出したり、振り込んだりは窓口の係員とやり取りしなければいけません。引き出したい金額、振り込みたい金額などを記入する記入用紙があるので、それを記入して銀行のカードと一緒に提示します。

ちなみに日本の銀行のカードには口座番号が刻印されていますが、アメリカのカードにはそれがありません。窓口で口座番号を聞かれたりした場合は、暗記しておくか、もしくは州のID、パスポートなど身分証明できるものを持っている必要があります。

また、小銭がたくさん集まってしまったので札に両替したい、と言う場合、日本だと両替機という機械が店舗内にありますが、アメリカの銀行にはありません。

スーパーの文房具セクションなどに売っている、コイン別(1¢、5¢、10¢、25¢)にまとめられる紙の筒みたいなものが売っているので、それを地道に手作業で詰めてから銀行に持って行く必要があります。
日本の銀行の便利さ、正確さに慣れてしまうと、海外の銀行はかなり不便です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。