アメリカでのごみの分類方法と出し方

アメリカ国旗

私が住んでいた東京のとある区は、とても分別に厳しく、一体どこまで分別ができるんだろう、と不思議に思ったことがあるくらいです。
そんな風にゴミをとにかく細かく分別してリサイクルに力を入れている日本から、分別の「ぶ」の字もないようなアメリカに渡って来たわけですから、初めはとても罪悪感がありました。

アメリカではとにかくひとつのゴミ箱に何でも捨ててしまいます。
プラスチックだろうが、ペットボトルだろうが、缶だろうが、燃えようが、燃えまいが、もうお構いなしです。
リサイクルをしている地域もあるかもしれませんが、日本のように義務付けられてはいません。環境問題を気にしている人たちが、個人としてゴミの分別をしているだけ、といった感じです。

以前、アメリカ中部の田舎町に住んでいたときは、産業廃棄物が埋められるゴミ処理場があり、広大な大地を掘り下げたその中に一般の家庭から出た粗大ゴミのようなものも無料で処分することができました。

家庭から出たゴミの収集は、州に1度、日が決まっていて、収集車が回収しに来ます。日本のように地域で指定されたゴミ回収の場所まで持って行くのではなく、各家の前に、その地域で指定されたゴミ箱を出しておくと収集車がそのゴミ箱の中身を回収しに来てくれるというわけです。

また、アパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、アパートに敷地内にダムスターと呼ばれる大きなゴミ捨て専用のコンテナのようなものが置いてあり、そこへゴミを持って捨てにいきます。

私が以前住んでいたアパートには、ゴミのコンプレッサー(圧力をかけてゴミをキューブ状にするもの)があり、大きなゴミを捨てる場合はそのコンプレッサーを使って一つにまとめなければならなかったという経験もあります。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。