ベトナム人との結婚、婚姻手続きの流れと必要書類

ベトナム国旗

ベトナム人と結婚する際は手続きが非常にややっこしいです。
まず最初に日本では通常通り籍を入れ、結婚します。その後にベトナムで入籍(結婚)の手続きをするのですが、その際に独身証明書や出生証明書などが必要となってきます。これは日本の役所でないと取れない可能性が高いので、移住する前(日本に住んでいるとき)に、将来ベトナム人と結婚する可能性が少しでもあるのであれば、準備しておきましょう。

特に出生証明書は本来役所が管理するもので、本人であっても持ち出すことがで原則できません。役所に詳しく理由を話し、写しを貰いましょう。
また、結婚相手のベトナム人がどこで生まれたかによっても手続きの難しさが大きく変わります。何故ならな、日本のようにオンラインで住民票や戸籍のコピーを受け取れるわけではありませんので、もし配偶者が田舎の生まれであれば、そこまで取りに行く必要があります。また、一回のみならず、二回、三回と書類の受け取りが発生するので、非常にやっかいです。

基本申請書類などはインターネットで調べればある程度のことは分かりますが、ベトナムではよく法律が変わり、提出書類が随時変更しますので、その時々での確認が必要です。

また、余談ですが、離婚の際はお互いが同意の上でも裁判所に複数回出廷しなければなりません。財産分与や提出書類など細かく、ベトナム語が分からないのであれば、裁判の内容はベトナム人(離婚相手)しか把握しませんので、不利な状況に追い込まれる可能性もあります。
ベトナム人との結婚は慎重になることをおすすめします。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。