ベトナムのタクシーやバスといった交通機関の料金とつかいかた

ベトナム国旗

ベトナムではまだ電車が長距離電車しか普及しておりません。ですので、通常の公共交通機関はタクシー、バスの二つとなります。

タクシー

初乗りは1万ドン(40円くらい)です。全国的に有名なタクシー会社は、『VINASAN』と『MAILINH』です。両方とも緑と白のトヨタ車が目印です。このほかにも民営タクシーも多々ございますが、メーターがなかったり、
またメーターの回るスピードが速かったり(ターボメーターと呼ばれています)、メーターにうつっている金額よりも多額の金額を請求されたりとトラブルが絶えません。現地のベトナム人であっても、この二つのタクシー会社以外はよっぽど周辺にタクシーがいないかぎりは乗りません。

バス

現在(2011年11月)は4,000ドン(17円くらい)でホーチミン市内は乗ることができます。
乗り方はバス停でバスを待ちます。バス停には看板があり、何番のバスに乗ることができるのかが分かります。そして、乗りたいバスがやってきたら、手を振って招きます(これをしないと素通りしてしまいます)そして乗り込んでシートに座ると、切符売りの人がやってきますので、4,000ドンを渡して、青いチケットを貰います。
降りるときは、日本のように降車ボタンがありません。ベトナム語が分からないのであれば、前後のドア付近に立っていれば、運転手かチケット売りの人が感ずいてバスを止めてくれます。
注意しておきたいのは、乗り降りの際はバスは完全に止まりませんので、小走りしながら乗ることになります。

また、ベトナムは儒教が発展している国ですので、老人が立っていることはまずありません。自分より年上だと判断したら、すすんで席を譲ってあげましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。