ベトナムの停電などの電気事情と家電製品

ベトナム国旗

昨今日本の東北で大震災があってから関東でも計画停電などがあり話題となっているかと思います。

しかし、慢性的な電力不足のベトナムにおいては停電は日常茶飯事です。昼時や夜12時くらいなどから、約30分から長くて90分ほど、そのエリアは停電します。企業が入るオフィスやホテルなどでは予備電源が自動的に稼動するようになっておりますが、一般の家やお店ではそうはいきません。
昼食中など暑い時間帯に停電することもしばしばあり、その時は地獄です。

ベトナムのこの停電の理由ははっきりとは分かっておりません。電力会社のミス、設備の故障の時もあれば、計画停電の時もあります。
計画停電の時はあらかじめテレビ等で告知もあるようですが、そんな情報を確認している人はいません。

ですので、いつ停電が起きてもいいように、パソコンをやっている場合は定期的にバックアップをとることをお勧めします。
ベトナムは近年パソコンや家電製品等の普及率が右肩上がりしていて、電力の供給が需要に追いついていないのが現状です。
ベトナムに住んでいるのであれば、それもお国柄として認めることも大切かと思います。

また、ベトナムの電気製品は220ボルトですので、日本製品の100ボルトは使用できません。コンセントにはさせることから間違えて起動してしまうと、パンという破裂音がして電気製品は壊れてしまいます。
髭剃りなどの家電の中には100ボルトから220ボルトなど対応可能の物もありますので、日本で購入したものを持ってくる際は確認しましょう。
それでも日本製品を使用したい場合は変圧器を購入することで使用できますが、変圧器は値段が高く、また重いためおすすめできません。ベトナムの家電屋で何でも揃いますので、現地で購入するほうが無難でしょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。