ベトナム人との結婚式での慣習や祝儀相場や服装などのマナー

ベトナム人との結婚式としては2つのケースが考えられます。

一つは自分がベトナム人と結婚し、結婚式をする場合です。
この場合は日本と同様結婚式と披露宴を行いますが、異なる点もあります。
まず、結婚式の場所は相手の宗教によります。キリスト教であれば教会を使用しますが、そうでなければ相手側の自宅で行うことになります。基本は夫の両親が妻に金のアクセサリーを一式購入し、譲るのがならわしです。
そして、自宅で誓いの言葉を交わします。その後の披露宴は場合によりますが、一般的には翌日行います。

披露宴は大きなレストランを貸し切って行いますが、その来賓の人数は200人から多いところで500人以上にのぼります。かなりの遠戚から友人、知人まで知り合いをほとんど呼ぶためです。
日本人からしてみると、億劫になるかもしれませんが、披露宴の規模や来る人の人数がそのままその家計のステイタスとなりますので、それは覚悟しなければなりません。

もう一つのケースは結婚式に呼ばれるケースです。
仮に結婚式に招待されたら、基本的には必ず行かなければなりません。もしどうしても外せない予定がある場合はご祝儀を先に渡して丁寧に断りましょう。
ご祝儀はベトナム人に招待されたら50万ドン(2,500円くらい)を目安で、日本人に招待されたら日本と同じ水準をご祝儀として渡しましょう。

服装のマナー

ベトナムの結婚式は日本よりもラフな服装で大丈夫です。特に色やデザインなどで問題となるものはありません。

男性の服装はワイシャツとネクタイ、女性も少しお洒落な服装を用意する程度で十分です。もちろん気合の入ったドレスを着ている人もいますが、デートのときの格好のような少しお洒落しているだけの人もいます。会社に行くときと同じ程度のフォーマルさの服装で十分だと思います。

結婚式の内容ですが、スピーチなどおごそかなイベントはなく、ただひたすら騒ぐだけです。踊ったり歌ったりすることが多いです。

ベトナムでは日本よりも結婚する年齢が早いです。また平均年齢が低く、若い世代の比率も高いですので、結婚式に招待されるのは日常茶飯事です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。