ベトナムでの薬事情と購入方法

ベトナム国旗

おそらくベトナムに長期滞在を考えている、あるいは移住するという方であれば、日本の薬を大量に持っていくことかと思います。
日本の薬でも効かなかった場合や、持ってきた日本の薬を使い切ってしまった場合は困ったものです。

しかし、これはベトナムに限ったことではありませんが、その国でかかった病気は、その国で販売されている薬が一番効くということも一理あります。
在越日本人の多くは鎮痛剤やパブロンなどの総合風邪薬を持ってきています。そして実際に頭痛や熱が出たりしたときは、まずその日本の薬を飲みます。

この日本の薬を飲んで効果が表れて回復すれば問題はありませんが、数日経っても回復しない場合は、ベトナムの薬を飲みましょう。
数年前まで特別な免許を持たなくとも薬を販売できたので、現在も薬局屋は至るところにあります。※現在は薬の販売免許を持っていないと駄目です

そこでジェスチャーなどを交えて訴えかければ、風邪薬であれば数種類の色とりどりのカプセル型の薬を購入することができます。
また、頭痛であれば、水に入れて溶かすボタン大ほどの大きさの錠剤を購入することができます。

そして、飲むと今まで治らなかった熱や頭痛が治ってしまいます。ベトナムの薬はとても力が強いからです。
但し、注意点は副作用も強いということです。飲んだあとに異常な程の眠気や眩暈がすることがしばしばございますので、注意が必要です。(これは現地人も同じです)

薬を購入する際は、何日分かを店員に伝えます。日本のように箱売りはされていなく、錠剤からバンソコウまで一個単位の販売です。
また薬はとても安く、一日分の風邪薬(一日三回)を100円位で購入することができます。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。