ベトナムでのスーツなどの仕事着について

ベトナム国旗

ベトナムに赴任、もしくは現地採用で移住が決まった際、サラリーマンであればスーツが必須です。それはベトナムでも同じです。
ベトナムは通常仕事場や客先でもスーツの上着は着ません。もちろん会社の規則にもよりますが。

しかし、いつ何時必要になるか分からないので、数着は持っておきたいところです。
日本からスーツを持ってきている人であればそれを擦り切れるまで使用することをおすすめします。
理由は二つあります。
一つは、一般に紳士服と呼ばれるスーツ屋というのはあまり存在しなく、ほとんどはショッピング施設にテナントで入っているアルマーニなどの高級ブランドになってしまいます。
そして、安い一般のスーツを購入したいときはオーダーメイドがベトナムの常となっています。ベトナム語が話せない方ならば、一から作り立てるオーダーメイドは億劫かと思います。

またもう一つの理由は、生地がしっかりとしていないことです。ベトナムは暑いから生地も薄いということを含めて考えても、非常に脆い生地を使用しています。
日本の「アオキ」や「青山」のように、安くしっかりとした生地、そして完成品があるスーツ屋をベトナムで探すのは至難です。

ベトナムではいたる所に「tien」と書かれた看板を目にすることができます。このお店がスーツやワイシャツを販売しているので、一度のぞかれるのがいいでしょう。
またワイシャツは一着400円から1,000円くらいと幅がありますが、品質は似たり寄ったりで、あまり良い代物とは言えません。ワイシャツも予め日本で調達することをおすすめします。

極力日本で購入したものをベトナムに持ち込むようにしましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。