ベトナムでの両替 ドンと米ドル両方を使う

ベトナムの通貨単位「ドン」です。基本的に法律上ベトナム国内においての支払いはドン払いですが、実情は「ドル」払いも広まっています。レストランのメニューなどにもドンとドル両方記載されているほか、家賃は一般的にドル表示のドル払いとなります。

ベトナムに住むときにおいてはドンとドル両方をある程度持っていた方が得策です。
その理由は、まずベトナムの最高額紙幣は50万ドン札です。日本円だと2,500円程度ですので、家賃や家電の支払いの際は分厚くなってしまうので、外に持ち歩くのに危険が伴います。高額の買い物や支払いの場合のためにドル札を日頃から保管しておくことをおすすめします。

両替はホテルや銀行など至るところでできますし、外国人街にはたくさんの両替商が軒を連ねています。
ホーチミンで最もレートが良いのは1区の中心市街地のドンコイ通りにある両替商です。もちろん微々たるものですが、塵も積もれば山となりますので、レートは日頃から注意して確認し、少しでも円高の時に両替するように心がけましょう。

また、シティバンクやANZなどの国際銀行のATMで引き下ろすときはドンのレートに合わせて引き下ろされます。各銀行のホームページにはその日の為替レートが表示されていますので、確認しましょう。
シティバンクは一回の引き下ろしにつき5万ドン(200円くらい)、ANZは4万ドン(180円くらい)の手数料がかかりますので、引き下ろす際は手数料の節約のため、限度額いっぱに引き下ろすことをおすすめします。

外国為替レートは日々変化しますので、その都度確認しましょう。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。