ベトナムで起業、会社設立するためにはライセンスが必要

ベトナム国旗

ベトナムで起業をしたく、移住を決めたという方も多いはず。またはベトナムで働いているうちに、自分で会社を作りたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

そこでまず前提となるのは、ベトナムは社会主義国ということを認識しなければならないということです。日本人が起業するので、その会社は外資系となります。ベトナムではあまり外資系の進出には寛容ではありません。
一番手っ取り早いのは、信頼できるベトナム人と提携することです。ベトナム人名義で会社を作れば50万円ほどの資金で設立できますし、非常に手間のかかる書類の提出は不要で、すぐに会社を創ることができます。

しかし、そうではなくて、日本人が代表取締役社長の場合は、数多くの書類が必要となります。そして、起業する会社の業務内容に適したライセンスを政府から取得し、認可が下りなければなりません。
不動産ならば不動産ライセンス、WEBならばITのライセンスと言った具合です。

中には取りやすいライセンスと取りにくいライセンスがあり、取りやすいライセンスを取得し、業務を行うというのも一つの手です。例をあげれば、不動産業務を行っているが、ライセンスはコンサルタント。という具合です。
もちろんこの場合は違反なので、インボイス(領収書、請求書)の発行ができませんが、このような企業はたくさんあります。

ちなみにライセンスの取得認可までは最低でも1年以上かかります。その間も公安に賄賂を払い続ける必要もあります。

このように日本人がベトナムで起業することは非常に難しく、日系の多くは名義を信頼の置けるベトナム人にしています。
ベトナム人名義であれば税金も安く、維持費も少ないので、何かと便利です。

もしベトナムでの会社設立をお考えであれば、一度コンサルティング会社に相談してみるのもいいかもしれません。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。