ベトナムの物価水準

ベトナムに住む方で気になるのは一カ月の生活費はどの程度かかるのか、ということでしょう。
ここでは、ベトナムでの家賃、光熱費、食費などの誰もが必要になる費用の相場をご説明します。

家賃

まず家賃で言いますと、大家さんのいるアパートのような建物に住む際はホーチミン中心部で250ドルから500ドルくらいかかります。日本人街だと500ドルくらい見ておいた方がいいですが、それ以外であれば、250~300ドルの幅が一般的です。

しかし、ホーチミンにはフーミンフンという7区の外国人街がございます。ここでは日本のライオンズマンションのような高層マンションに加えて、庭にはプールやバーがあるのが一般的です。
この7区の家賃はピンキリとなりますが、最低で600ドルです。しかし平均してみると1,500ドル~2,500ドルが相場です。ですので、こちらに住む日本人は家賃が会社持ちな方に限ります。

光熱費

続いて光熱費ですが、水道代と電気代が発生します。水道代は月20ドルもあれば足りますが、電気料金は1年の間に何回も値上がっています。特にホーチミンは常夏。暑がりの人ならば、1年中冷房をつけていなければなりません。そうなると、一カ月あたり1万円近くかかると思います。つまり日本とあまり変わらないということです。

食費

続いて肝心の食費ですが、買い物するスーパーによっても異なりますが、大体200ドルくらい見ておけば問題ないかと思います。
また、これには外食は含まれていません。もし外食をされるのであれば、一食5ドル~10ドルくらいで日本食などを食べることができます。また、現地のローカルなお店でフォーなどを食べるのであれば、30,000~50,000ベトナムドン(150~200円ほど)で済みます。

写真はホーチミンにある食堂のつけめんです。50,000ドン程度です。
つけめん

つけめんだれ

お弁当を配達してくれるお店に依頼すれば、毎日20,000ドン(約100円)程度で勤務先の会社までお弁当を届けてもらうことができます。

ベトナムの宅配弁当

勤務先のオフィスまで弁当を宅配してくれます。

宅配弁当の中身

毎日メニューが変わり、10種類くらいの中から選べますのであきません。

屋台で朝食を買えば、10,000ドン(50円以下)程度ですみます。以下のような簡素な食事ですが慣れればこれで十分です。

ベトナムの屋台めし

ホーチミンにある屋台です。

ホーチミンの屋台

交通費

住むとしたら基本的にはバイクで移動することになりますので、ガソリン代がかかります。
タクシーで移動する場合には、初乗りで11,000ドンか12,000ドン程度かかりますので、毎日乗っていると結構なお金がかかります。
通勤にかかるガソリン代や駐車代などは会社で負担してくれることもありますから確認してください。

交際費などの雑費

最後に雑費、つまり交際費などですが、これはあまりかかりません。日本のようにアミューズメントパークやボーリングなどの遊ぶ施設はあまりなく、カラオケも日本の歌があるところはほとんどありません。おそらくベトナムの休日は買い物やカフェめぐりをする人が多いようです。フランス植民地時代の名残のせいか、ホーチミンにはお洒落なカフェが点在しています。カフェで読書やコーヒーブレイクなど、日本ではあまりしない休日を堪能することになるでしょう。

また、映画やビリヤードといった娯楽はあります。映画は70,000ドン(約350円)程度で楽しめます。
ゴルフが好きな人は週末に行くことも多いようです。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。