ベトナム下町ファッションに挑戦してみよう

ベトナムのローカルファッション、特に南部のファッションは、コンサバな趣味の人から見ると、あまりにもカラフルかつセクシーすぎます。

若い女の子は、シースルーシャツに見せブラで歩いていますし、シースルーじゃなければ、アニマル柄のセットアップを着ています。

日本にたとえると北部は東北ノリ、南部は関西ノリのファッションです。

南部でも外国人旅行者が多いエリアならば、コンサバな淡い色合いのブラウスや、リゾートっぽいロングワンピースを着ている女性を見かけることがありますが、そんな服装でうっかり下町を歩くと、外国人であることがすぐにバレて、必要以上にボラれるか、ひったくりに狙われるか、という危険もあり、ろくな目に遭いません。

北部はまだ日本のOLっぽいコンサバな服でも普通に歩きやすいですが、南部でローカル生活をするのなら、そういう日本のオシャレなOLみたいな格好は
「結婚式か良いレストランで着る特別の服」
という位置づけで割り切っているほうが良いです。

そのかわり、南部はギャル服、おミズ服、セクシーファッション好きな女性には本当に天国です。

日本の物価とベトナムの物価から照らし合わせると、そこまでものすごく安いわけではないけれど、それでもマルキューや竹下通りで売っているようなキラキラ、カラフル、セクシーな洋服で、日本で3000円程度のクラスのものならば、1000円で充分おつりが来ます。

自分の服装の趣味に照らし合わせて、滞在都市を決めるのも一つの手です。



スポンサーサイト

アジア

Copyright© 2011-2012 外国暮らしドットコム All Rights Reserved.

ご意見、ご感想などはinfoアットマークgaikokukurashi.comまでお寄せください。